マリオットアメックスプレミアムカード年会費って妥当か考えてみた。




マリオットアメックスプレミアムカードの年会費って妥当か考えてみた。

ひらいようた
こんにちわ。チャックバスです。このブログではマリオットアメックスプレミアムカードの年会費49,500円って妥当なのか考察するブログです。年会費を支払ってまで持つ理由のあるカードなのか?どのような人ならこのカードが持っていて損しないのか、考えていきたいと思いますのでマリオットアメックスプレミアムクレジットカードを発行検討している方はぜひ参考にして下さい。ちなみに個人的には充分あると考えています。

YouTubeチャンネルではマリオットアメックスプレミアムカードについて動画をたくさん出しています。ポイント制度からマリオットホテルの宿泊レビューもありますのでチェックして下さい。

本記事の内容
  • マリオットアメックスプレミアムカードの基本スペック
  • 年間150万円決済すると一括50,000Pの無料宿泊特典付与
  • 一括50,000Pでどのようなホテルに無料宿泊できるのか
  • 年間400万円決済でマリオットボンボイプラチナステータス付与
  • カード発行しただけでなれるマリオットゴールドステータス特典
  • マリオットプラチナステータス特典
  • プラチナステータスの朝食は全てのホテルではない
  • プラチナステータスになるとレイトチェックアウト16時
  • 上位ステータスを狙いたい人向けに15泊の宿泊実績が入会時&更新時にもらえる
  • 各種マイレージ還元率は1.25%
  • ユナイテッド航空マイレージプラスの還元率は脅威の1.5%還元
  • まとめ

マリオットアメックスプレミアムカードの基本スペック

マリオットアメックスプレミアムカード
年会費 49,500円 税込
家族カード 1枚無料 2枚目以降 24,750円
貯まるポイント マリオットボンボイホテルポイント
ポイント有効期限 基本2年増減あれば都度延長 実質無期限
還元率 100円決済=3ポイント
マリオットホテルでの利用時 100円決済=6ポイント
マイルの交換レート 3P=1マイル
マイル還元率 1.25%
ホテルステータス特典 マリオットゴールドステータス付与
年間決済額&更新特典① 年間150万円の決済で50,000Pの無料宿泊特典
年間決済額&更新特典② 年間400万円決済でプラチナステータス付与
入会&更新特典 宿泊実績15泊分付与
空港ラウンジ カードラウンジ利用可能 同伴一名まで無料
海外旅行保険 利用付帯
航空便遅延補償 あり
キャンセルプロテクション あり
ショッピングプロテクション あり
リターンプロテクション あり
スマートフォンプロテクション あり
オーバーシーズアシスト あり
手荷物宅配サービス 羽田/成田/中部/関西空港のみ利用可能
高台寺塔頭 圓徳院 客殿 観覧無料 お茶などのサービス
国際ブランド アメリカンエキスプレス
マリオットアメックスプレミアムカードの大きな特典
  • 年間150万円決済すると一括50,000Pの無料宿泊特典付与
  • 年間400万円決済するとマリオットボンボイホテルプラチナステータス付与
  • カードを更新するとマリオットボンボイホテルの15泊の宿泊実績が付与
  • 各種マイルの還元率が1.25%、ユナイテッドは1.5%還元
ひらいようた
1つずつ見ていきましょう‼︎

年間150万円決済すると一括50,000Pの無料宿泊特典付与

マリオットアメックスプレミアムカード年間150万円決済するとマリオットボンボイホテルポイント一括50,000Pの無料宿泊特典がもらえます。

ひらいようた
この年間というのはカード入会したタイミングによって異なりますので1月に入会した方は基本1月から12月の間という感じになります。

一括50,000Pでどのようなホテルに無料宿泊できる??

ハワイで検索すると50,000Pで宿泊することができるホテルがシーズンによってあります。42,000Pでシェラトン・プリンセスカイウラニホテルに無料宿泊できます。

ここは現金決済だと42,462円となっているので1P=1円で利用できてはいますが50,000Pを一括で利用するのでお釣りがくるわけではありませんので、こういった所で使うのはハワイで無料宿泊なら悪くはないですがちょっともったいないですね。次にNYで見てみましょう。

アメリカニューヨークのタイムズスクエアエリアで50,000Pで宿泊する事ができます。現金価格は59,635円からなのでこういったホテルで利用できるととても良いです!

ホテルということで繁忙期や閑散期などあるので一概でこの時期のここで利用できると言いづらいですが、国内海外ホテルで利用できるのは重宝すると思います。

ひらいようた
マリオットホテルポイント宿泊はブラックアウト、つまり対象外という日がないのもオススメポイント、ポイント宿泊の枠さえ空いていれば大晦日でもポイント泊で利用できます。

バッキンガム宮殿のそばにあるセントアーミンズホテル・オートグラフコレクションホテルも44,000Pですが現金価格は66,808円からなので悪くないと思います。

ひらいようた
年間150万円決済できるならマリオットアメックスプレミアムカードは年会費は高いですがこういった感じで利用できればありだと思います。

年間400万円決済するとマリオットボンボイプラチナステータス付与

マリオットアメックスプレミアムカードはカード発行しただけでマリオットゴールド会員になれますが年間400万円を決済すればマリオットボンボイプラチナステータスになる事ができます。

マリオットボンボイホテルのプラチナステータスは本来年間50泊マリオットボンボイホテルに宿泊しないともらえないステータスです。

1泊1万円と考えても50万円掛かるわけですがこれがマリオットアメックスプレミアムカードを発行して年間400万円決済を集めるだけでプラチナステータスになる事ができますので変な話、マリオットボンボイホテルに一泊しなくてもなれます。(年間とは1月1日-12月31日が対象期間で個人によって変動しません。)

ひらいようた
マリオットボンボイプラチナステータスになるとどのような特典があるのかみていきましょう!まず発行しただけでなれるゴールドステータスから。

カードを発行しただけでなれるマリオットボンボイゴールドステータス特典

マリオットボンボイゴールドステータスの特典は宿泊時に25%のボーナスポイント、エンハンスドルームへのアップグレード、午後2時までのレイトチェックアウトとなります。またこれ以外にもWi-Fiが無料という特典もあります。

客室のアップグレードとレイトチェックアウトは客室の空室状況に寄って利用できるかどうかはわからない特典となっていますが、個人的に最もいいと思う特典はレイトチェックアウトです。

ホテルのチェックアウトは基本11時もしくわ12時が多いですが朝をゆっくり起きて朝食を終えるとすぐにチェックアウトとなってしまいます。

ステータス特典で14時まで利用できるのはゆっくり行動できるのでオススメポイントです。

この特典がマリオットアメックスプレミアムクレジットカードを発行するだけで利用する事ができます。

マリオットボンボイプラチナステータス特典

マリオットボンボイプレミアムカードを年間400万円決済するとマリオットボンボイホテルのプラチナステータスになる事ができます。

本来年間50泊しないともらえないステータスがもらえます。

プラチナステータスになるとボーナスポイントが50%になり、客室のアップグレードも一部スイートルーム対象、ウェルカムギフト、エグゼクティブクラブラウンジの利用、朝食2名分無料とかなり利用できるサービスが増えます。

またアップグレードがスイートルーム対象となります。

ザプリンスギャラリー紀尾井町ホテルのエグゼクティブクラブランジ(プラチナでもラウンジは有料)

プラチナステータスになるとエグゼクティブクラブラウンジが2名まで無料で利用できるようになります。

エグゼクティブクラブラウンジは本来クラブルームやスイートルームでないとこのエグゼクティブクラブラウンジは入室できないのですがプラチナステータスになると無料で入る事ができます。

エグゼクティブクラブラウンジはソフトドリンク、軽食、夕方にはアルコールやおつまみなどがサービスされるホテルお得意様のエリアといった感じでしょうか??

ただエグゼクティブクラブラウンジはどのホテルでもあるわけではなく、ホテルによって有無が異なりますのでこの点はご注意下さい。

【エグゼクティブクラブラウンジがある日本国内ホテル一覧】

・北海道/ウェスティンルスツリゾート

・宮城県/ウェステン仙台

・千葉県/シェラトングランデ東京ベイ 

・神奈川県/ウェスティン横浜/横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

・東京都/ウェスティン東京/ザ・プリンスさくらタワー東京/東京マリオットホテル/シェラトン都ホテル東京

・長野県/軽井沢マリオット

・山梨県/富士マリオットホテル山中湖 

・静岡県/伊豆マリオットホテル修善寺 

・愛知県/名古屋マリオットホテル 

・大阪府/大阪マリオット都ホテル/シェラトン都ホテル大阪

・京都府/ウェスティン京都/プリンス宝ヶ池京都オートグラフコレクション

・奈良県/JWマリオットホテル奈良 

・滋賀県/琵琶湖マリオット 

・和歌山県/南紀白浜マリオットホテル 

・広島県/シェラトン広島ホテル 

・宮崎県/シェラトングランデオーシャンリゾート 

・沖縄県/ルネッサンスリゾートオキナワ 

*リッツ・カールトンホテル、プリンスギャラリー紀尾井町ホテルはエグゼクティブクラブラウンジはありますが有料なので記載していません。

また海外のマリオット系ホテルでエグゼクティブクラブラウンジを利用されたい場合はマリオットボンボイホテルデスク(クレジットカード裏面に記載の番号)に電話してホテルに確認もらう事をオススメします。公式サイトに記載あっても実際に行ったらやっていないという事もあります。

次にプラチナステータスになるとホテルの朝食も2名分、無料で利用する事ができます。

ホテルの朝食は1人3,000円〜くらいするのが普通ですので2名分となりますと現金決済だとかなり高いです。これはプラチナステータスになると無料で利用できます。

プラチナステータスでも全てのホテルで朝食がサービスされているわけではない

ホテルブランドとホテルのエリアにより異なりますのでご注意下さい。

リッツ・カールトン、エディションホテルはプラチナステータス以上でも無料朝食はありません。

次にACホテル、コードヤードバイマリオット、モクシー、フェアフィールドバイマリオットも朝食ではなく飲食クレジット10ドル分といった対応が多いです。

日本国内でもACホテル、コードヤードバイマリオット、モクシー、フェアフィールドバイマリオットは無料朝食対象外のホテルも多いですので、利用される際はデスク確認して下さい。というのもキャンペーンであったり、ホテル独自で朝食サービスしている時もあります。

また海外では私の利用した経験から言うとリッツ・カールトン、エディションホテル、ACホテル、コードヤードバイマリオット、モクシー、フェアフィールドバイマリオットはない事が多いです。

それ以外のホテルブランドではだいたいニューヨークなどの物価の高い大都市でも朝食サービスされている事が多いですが日本のホテル朝食と比べると見劣りする事も多いので事前に宿泊ブログのようなものを検索して見てから利用するのも手だと思います。

〜宿泊記&ブログレビュー〜

ホテルザミツイ京都宿泊記!!【プラチナステータス特典まとめ】

2021年12月1日

W大阪ホテル宿泊記【ラウンジなどのマリオットプラチナ会員特典まとめ】

2022年12月1日

プラチナステータスになるとレイトチェックアウト16時

プラチナステータスになれるとマリオットボンボイホテルのロイヤリティープログラム規約の上では16時までレイトチェックアウトが保証されています。

マリオットボンボイホテルプログラム規約
v. 4 p.m. Late Checkout. Platinum Elite Members and above may check out as late as 4 p.m. local time of the Participating Property. Members can request late checkout when making a reservation through central reservations, at check-in, via the mobile app (where available) or at any time during their stay. This benefit is guaranteed at all Participating Properties, except at resort and convention hotels and Design Hotels, where it is based upon availability. Marriott Vacation Club, Marriott Grand Residence Club, Vistana properties, and Ritz-Carlton Reserve are excluded from this benefit. 

対象外はリゾートホテル、コンベンションホテル、デザインホテル、マリオット バケーション クラブ、マリオット グランド レジデンス クラブ、ヴィスタナ、リッツカールトン リザーブとなっています。

このように保証はされているのですがプラチナステータスの特典で客室の1つでもアップグレードをされてしまうと16時までのレイトチェックアウトの保証が外れてしまいますので、どうしても16時までレイトチェックアウトしたい場合は、アップグレードよりレイトチェックアウトが希望の点をチェックインの際に伝えて下さい。

個人的には16時までのレイトチェックアウトが1番と言っていいほどプラチナステータスの良い特典です。ホテルでゆっくり夕方までくつろぐ事ができます。

ひらいようた
マリオットボンボイプラチナステータスになるとこれだけの特典が受けられます。これが年間400万円決済を集めれば利用できるのはマリオットアメックスプレミアムカードの非常に大きい特典の1つです。

上位ステータスを狙いたい人向けに15泊の宿泊実績が入会時&更新時にもらえる。

マリオットアメックスプレミアムカードに入会した時とカード更新した時したらマリオットボンボイホテルの宿泊実績15泊分がもらえます。

これは何かに利用できるものではなく、マリオットボンボイホテルでは宿泊実績によってステータスが分かれていて年間10泊すればシルバー、25泊でゴールド、50泊でプラチナ、75泊でチタン、100泊&年間2.3万ドル利用でアンバサダーになれます。

先ほど言ったようにプラチナステータスまでは年間400万円決済すればなれるわけですが、それ以上のステータスを目指す方、年間400万円決済は集められない私みたいな人は年間50泊してプラチナステータスを目指しますので、こう言った方は入会もしくわ更新でもらえる15泊というのは非常にメリットがあります。

1泊1万円と考えても15万円は本来するわけですがこれが年会費を払えばもらえますので、上位ステータスを獲得したい人からすると非常に嬉しい特典となります。

ひらいようた
逆にマリオットアメックスプレミアムカードを保有している理由がマイル交換という人はメリットはありません。

各種航空会社マイレージの還元率は1.25%

マリオットアメックスプレミアムカードのポイントである、マリオットポイントはホテルのポイントではありますが、マイル交換レートも高いです。

基本交換レートは3:1ですので3P=1マイルなんですが60,000Pを一度に交換すると5,000マイルのボーナスマイルがつき、25,000マイルに交換できますのでマイル還元率は1.25%になります。

5,000マイルボーナス対象外航空会社一覧

アメリカン航空、デルタ航空、大韓航空、アビアンカ航空

マリオットポイント交換可能な航空会社マイルと比率
エーゲ航空  3:1
エアリンガス  3:1
エアロメヒコ  3:1
エア・カナダ 3:1
エールフランス 3:1
ニュージーランド航空  200:1
アラスカ航空  3:1
アメリカン航空  3:1
ANA 3:1
アシアナ航空 3:1
アビアンカ航空 LifeMiles 3:1
ブリティッシュ・エアウェイズ 3:1
キャセイパシフィック航空 3:1
コパ航空  3:1
デルタ航空 3:1
エミレーツ航空 3:1
エディハド航空 3:1
フロンティア航空 3:1
海南航空 3:1
ハワイアン航空 3:1
イベリア航空 3:1
InterMiles 3:1
日本航空  3:1
大韓航空 3:1
LATAM航空 3:1
カンタス航空 3:1
サウディア 3:1
シンガポール航空 3:1
サウスウェスト航空 3:1
TAPポルトガル航空 3:1
タイ航空 3:1
ターキッシュエアラインズ 3:1
ヴァージンアトランティック航空 3:1
ヴァージンオーストラリア 3:1
Vueling Club 3:1
ユナイテッド航空 3:1

ANA、JAL、シンガポール航空、エアーカナダなど30社以上の航空会社マイルに交換できます。

アメックスとマリオットデスクットボンボイホテルとの提携カードですがマイルを貯めるカードとしてもマリオットアメックスプレミアムカードは優秀なカードとなっています。

マイル還元率1.25%が高いのか低いのかと言う話ですがANAVISAワイドゴールドカードがANAマイル還元率1%となっていますのでマリオットアメックスプレミアムカードはANAゴールドカードよりANAマイル還元率の高いカードとなります。

ポイントをホテルに利用するのかマイルに交換するのか選べるのがマリオットボンボイアメックスプレミアムカードの大きな特徴の1つで他のカードでは見られないポイント制度となります。

ユナイテッド航空マイレージプラスの還元率は脅威の1.5%還元

マリオットボンボイホテルポイントからユナイテッド航空への交換レートは今まではマリオットとユナイテッドは独自提携を組んでいる点もあり60,000P交換すると10%増量され27,500マイルに交換できていましたが、2023年3月にさらに交換レートがアップして60,000P=30,000マイルに交換できるようになりました。

公式サイトにも2023年3月上旬より記載されるようになりました。現時点では終了期日等はないという話となっています。

交換レートがアップしたことによりマリオットアメックスプレミアムカードのユナイテッド航空マイルの還元率は1.5%還元となります。

ひらいようた
ユナイテッド航空マイルをメインで貯めている方はマリオットアメックスプレミアムカードはオススメです。

まとめ

マリオットアメックスプレミアムカードは年会費は49,500円と高額のクレジットカードになりますがその分の特典も充分あるクレジットカードだとわかってもらえたと思います。

個人的には2022年に世界一周旅行をしてマリオットボンボイホテルポイントはホテルとマイルとどちらでも利用できるので、これほど旅行が好きな方にとって良いクレジットカードはないなと再認させられました。

マリオットアメックスプレミアムカードを発行検討している方はぜひ参考にして下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA