ANAJCBソラチカゴールドクレジットカード誕生!!ソラチカカードとどっちがオススメか比較しました。




ANAJCBソラチカゴールドクレジットカード誕生!!ソラチカカードとどっちがオススメか比較しました。

ANAJCBソラチカゴールドクレジットカードが発表されたけど、ANA陸マイラー的にはどうなんだろう?クレジットカード決済でオススメできるクレジットカード?還元率などをソラチカカードと比較して知りたい。
チャックバス
こんな疑問に答えていきたいと思います。ANAJCBソラチカカードゴールドは今の所、東京メトロを頻繁に利用する方向けといった印象です。それ以外の人でそこまでオススメと言えるクレジットカードではありません。
本記事の内容
  • ソラチカカードとは?
  • ソラチカカードゴールドの基本スペックと特典
  • オススメの発行方法
  • まとめ

動画で見たい方はこちらどぞ♪٩(●˙˙●)۶

ソラチカカードとは?

言わずと知れたポイントサイトからANAマイルへの交換ルートとして数年にわたって最高交換率を誇っていたのがソラチカルート。各種ポイントサイトからANAマイルへのルートで必須となるクレジットカードがソラチカカードでした。

そのルートは2019年9月終わりに閉鎖が決まり。2019年12月末でポイントサイトからソラチカカードのポイントである東京メトロポイントへの交換はできなくなり、実質閉鎖となりました。

そんなソラチカカードですが、ANAの「そら」と東京メトロの「ちか」で合わせてソラチカカードで呼ばれています。ANAと東京メトロが発行してるクレジットカードとなっています。

2019年12月末でANAマイルを貯めると言う意味では利用する先が無くなってしまったソラチカカードですが2020年3月末に急にゴールドクレジットカードが発表となりました。

ソラチカカードとソラチカカードゴールドの基本スペックと特典

ソラチカゴールドクレジットカード 基本スペック
ソラチカカード 基本スペック
年会費 14000円(税抜) 年会費 2000円(税抜) 初年度無料
家族カード 年会費 2000円(税抜) 家族カード 年会費 1000円(税抜) 初年度無料
還元率 1000円=1P=1% 還元率

1000円=0.5P=0.5%

(コースより変動)

貯まるポイント Okidoki ポイント 貯まるポイント Okidoki ポイント
ANAマイルへの移行手数料 なし(自動10マイルコースにオート加入) ANAマイルへの移行手数料 あり(コースより変動)
電子マネー PASMO 電子マネー PASMO
入会&フライトボーナス 2000ANAマイル 入会&フライトボーナス 500ANAマイル
国際ブランド JCB 国際ブランド JCB
SFC切り替え 不可 SFC切り替え 不可
クレジットカードラウンジ 利用可能 クレジットカードラウンジ 利用不可
海外旅行保険 JCBゴールドカードと同様の為充実 海外旅行保険 あり 最高1000万円
  • ソラチカカードはクレジットカード決済では基本Okidokiポイントが貯まる。

ソラチカカードは国際ブランドがJCBのクレジットカードと言う事で決済するとOkidokiポイントが貯まります。決して東京メトロポイントが貯まるわけではありませんのでご注意下さい。東京メトロポイントが貯まる所は限られた利用先のみとなります。

  • 東京メトロ乗車でポイント付与

ソラチカカードの付帯しているPASMOを登録して乗車する東京メトロポイントが貯まります

登録を行うと貯めることができます。逆にいうと登録しないとどんだけ乗車していもポイント付与されませんのでご注意下さい。

ソラチカカード保有されている方で未登録の方、これから発行を検討される方はこちらから登録できます。

  • ソラチカカードの場合、平日搭乗で5ポイント、土日祝で15ポイント。
  • ソラチカゴールドの場合、平日搭乗で20ポイント、土日祝で40ポイント。 

ソラチカカードゴールドカードの場合平日の搭乗で20ポイントはかなり貯まりますよね!往復で40Pですからね。

仕事で外回りを電車でしている方はソラチカゴールドカードを保有していればポイントザクザクに貯まる事間違いなしですね!

平日1往復・40P =週5日間・200P =ひと月・800P =年間・9600P=8640ANAマイル

これが休日などが含まれたらさらに獲得ポイントがあがります。

ソラチカカードの場合だと

平日1往復・10P =週5日間・50P =ひと月・200P =年間・2400P=2160ANAマイル

もらえるポイントはかなり変わってきますので東京メトロの利用頻度に合わせて選択する必要がありますね。

注意⚠️
東京メトロで定期券を利用している区間は搭乗ポイント対象外です 。

さらに店舗と自動販売機の利用で東急メトロポイントが貯まります。

  • ソラチカカードの場合、自動販売機利用・100円につき1P・店舗利用200円につき1P
  • ソラチカゴールドの場合、自動販売機利用・100円につき2P・店舗利用200円につき2P 

やはり行動エリアが東京メトロ圏内の人向けとなります。

  • 東京メトロポイントは90%でANAマイルへ交換可能

言わずと知れたソラチカルートです。

ソラチカカードを保有していると東京メトロポイントからANAマイルというルートが利用できます。

2019年までポイントサイトからいかに交換率を良く東京メトロポイントへ交換するかでANAマイルを貯まる交換率が変わっていましたが2019年12月を最後にポイントサイトから東京メトロポイントへのルートは閉鎖となり、現在の東急ルートとなりました。

【2020年5月最新】ANAマイル年間18万マイルを貯める方法を公開します!ソラチカルート閉鎖なら東急ルート使おう!!

2018年5月15日

現在も東京メトロポイントからANAマイルへの交換ルートは存在しています。ポイントサイトから東京メトロポイントへの等価交換率の交換ルートがなくなったという事です。

チャックバス
ソラチカカードとソラチカゴールドカードの特典までを比較しましたが高還元率を出せる人はやはり東京メトロを普段利用するがメリットがありそうです。それ以外の方で年会費が1万円以上するゴールドカード発行する理由は現時点で見つかりませんね。

限られた人にだけソラチカゴールドカード年会費半額キャンペーンのインビテーションが来ている

私のYouTube、Twitterで絡ませていただいている方の中にソラチカゴールドカードの年会費割引のインビテーションが出回っているとの話をいただきました。Twitterでアンケートを取った所、このような結果となりました。

保有している方のほとんどがインビテーションが来ていません。何を基準にインビテーションが来ているかもわかりませんが選ばれた人には来ている形となります。

ソラチカゴールドクレジットカードの年会費が半額になると話はかなり変わってきます。もう一度基本スペックを見ると。

ソラチカゴールドクレジットカード 基本スペック
ソラチカカード 基本スペック
年会費 14000円(税抜) 年会費 2000円(税抜) 初年度無料
家族カード 年会費 2000円(税抜) 家族カード 年会費 1000円(税抜) 初年度無料
還元率 1000円=1P=1% 還元率

1000円=0.5P=0.5%

(コースより変動)

貯まるポイント Okidoki ポイント 貯まるポイント Okidoki ポイント
ANAマイルへの移行手数料 なし(自動10マイルコースにオート加入) ANAマイルへの移行手数料 あり(コースより変動)
電子マネー PASMO 電子マネー PASMO
入会&フライトボーナス 2000ANAマイル 入会&フライトボーナス 500ANAマイル
国際ブランド JCB 国際ブランド JCB
SFC切り替え 不可 SFC切り替え 不可
クレジットカードラウンジ 利用可能 クレジットカードラウンジ 利用不可
海外旅行保険 JCBゴールドカードと同様の為充実 海外旅行保険 あり 最高1000万円

ソラチカゴールドクレジットカードの年会費が14000円が半額という事で7000円。

ソラチカゴールドカードの場合、ANAマイルへの移行手数料は自動10マイルコースになっている為0円です。

一方、ソラチカカード一般の方は年会費は初年度無料です。

しかしソラチカカードの還元率はANAマイルへのポイント移行手数料を無料にすると0.5%となってしまう為、還元率を1%にするには移行手数料を支払うしか選択肢はありません。(マルチポイント10マイルコース)ソラチカカード一般は移行手数料は年間5000円(税抜)が掛かります。ソラチカゴールドカードとの差は2000円です。

ソラチカゴールドカードにはゴールドカードのメリットである入会ボーナスで2000マイルもらえたり、JCBゴールドクレジットカードの海外旅行保険や、クレジットカードラウンジの利用などができます。特に2000マイルがもらえるならその差額の2000円は相殺で考えても良いと思います。

したがってソラチカゴールドカードの年会費半額のインビテーションが来ている方はソラチカゴールドカードに切り替えするのも全然ありだと思います。

さらにこれから紹介するJCB側のキャンペーンは一般カードからゴールドカード切替でも対象となりますのである程度のクレジットカード決済予定の方はかなりオススメです!

キャンペーン狙いで大量マイルが獲得可能!!

チャックバス
現在JCBクレジットカード、ANAクレジットカードの両方でキャンペーンを行っています。ソラチカカードをこれから発行するならこれが最大の理由になります。もちろん一般カードOKです。ソラチカカード一般は最大81475ANAマイルが獲得できます。ゴールドカードは95225マイル

 

ANAクレジットカード入会にあたってANAマイルを3重取りする方法

ANAクレジットカードを発行するにあたってANAマイルを貯める方法で知っておくべき事が3つあります。

  • ANA公式サイトで登録するマイ友プログラム
  • ポイントサイト経由で発行
  • クレジットカード入会キャンペーンの活用

・マイ友プログラムとは?

マイ友プログラムとは、初めてANAカードを発行する場合、登録してからクレジットカードを発行すると追加で500〜5500ANAマイルがもらえる。ANA公式サイトで行われている紹介プログラムです。特に利用者に取ってデメリットはありませんので利用をオススメします!!


上記のマイ友登録ページより、紹介者名と紹介番号を記入するだけ500〜5500マイル追加でもらえますの取りこぼさないようにしましょう。もらえるマイル数はクレジットカードによって変わります。一般カード500マイル、ゴールドカード2000マイル、プラチナカード5500マイルとなります。

マイ友プログラムは登録だけでOKなので登録だけして1度ページを閉じましょう。

キャンペーンの詳細

まずJCBクレジットカードのキャンペーンはエントリーが必須となりますのでクレジットカード発行してしたらこちらからエントリーできますので確実に行なっておきましょう!!

右下のクレジットカードであるソラチカカードだとJCBマイチェックで1200マイル(400ポイント)がもらえます。

エントリーはこちらです。

キャンペーン期間
2020年1月1日(水・祝)~2020年5月31日(日)

JCBマイチェックとはクレジットカード利用すると利用額の葉書や封筒などが届きますよね?あれを廃止するとWEBで観覧する形を利用登録するとポイントがもらえます。

JCBマイチェックを登録すると400ポイントがもらえるのですが400ポイントはJCBカードのOkidokiボーナスポイントで付与されます。

ひとくちメモ


OkidokiボーナスポイントとはJCBカードのボーナスポイントなのですがこのポイントを直接ANAマイルに交換すると1ポイント=3マイルに交換できる事ができ1200ANAマイルになるのですがこれをANAJCBソラチカカードのポイントである東京メトロポイントに交換してからANAマイルへ交換すると交換レートが良いので1800ANAマイルに交換する事ができます。 

  • クレジットカード利用額に応じてマイルがもらえる!!
  1. カード利用10万円で500ポイント(1500マイル)
  2. カード利用50万円で2000ポイント(6000マイル)
  3. カード利用100万円で5800ポイント(17400マイル)
  4. 100万円決済分の10000マイル獲得(手数料5000円・10マイルコース加入時)
チャックバス
先ほど同様、獲得ポイントはOkidokiボーナスポイントで付与されます!!

交換ルートを組み直すと。

  1. 500ポイント=2250マイル
  2. 2000ポイント=9000マイル
  3. 5800ポイント=26100マイル
チャックバス
100万円利用時のマイル数まで行くとかなり変わってきますので確実に交換ルートを間違えない様にして下さい。

さらに期間中にクレジットカードを利用でマイルがもらえます。

  • 10万円以上の利用で300マイル(100ポイント)
  • 50万円以上の利用で2100マイル(700ポイント)
  • 100万円以上の利用で5400マイル(1800ポイント)

上記のポイントもOkidokiボーナスポイントで付与される為、東急メトロポイント経由でANAマイルに交換すると。

  • 100ポイントは最低交換ポイントに満たない為、交換不可
  • 700ポイント =3150マイル
  • 1800ポイント=8100マイル

クレジットカード利用条件は100万円利用で最大8100マイルがもらえますので重複しているのもかかわらずマイルがもらえるチャンスでもありますね!!

ANAカード側のキャンペーン(ANAクレジットカードが初めての方限定)

2020年3月2日からANAクレジットカード側でキャンペーンが始まりました。ソラチカカードも対象となっています。このキャンペーンなんですがJCBクレジットカード側のキャンペーン同じようにクレジットカード決済の為、簡単に達成できますのでこちらからエントリーを確実にしておきましょう。初めてANAクレジットカード新規で発行される方限定です。

1・対象期間にANAグループ運行便に1回搭乗するとマイルがもらえます。

  • 対象期間:2020年3月2(月)〜2020年8月31日(月)搭乗分
  • 自己登録:9月15日23:59積算分まで
  • 対象運賃:マイル積算対象運賃
  • 対象路線:ANAグループ運行便
  • キャンペーンボーナスマイル数 ANA一般カード、ANAワイドカード 1000マイル ANAゴールドカード、プレミアムカード 5000マイル
  • マイル付与時期2020年10月下旬

2・発行カード利用でマイルがもらえます。

  • 20万円以上50万未満 = 3000マイル
  • 50万円以上100万未満=10000マイル
  • 100万円以上     =27000マイル
  • マイル付与時期:2020年11月下旬

JCBキャンペーンで100万円の利用条件と重複していますので片方の入会キャンペーンを利用すれば達成となりますのでエントリーだけ忘れないようにしましょう!!

3・ANAカードファミリーマイル登録だけでマイルがもらえます。

  • 対象期間   :2020年3月2日(月)〜8月31日(月)
  • キャンペーンボーナスマイル数 ANA一般カード、ANAワイドカード 500マイル ANAゴールドカード、プレミアムカード 1000マイル
  • マイル付与時期:2020年10月下旬

クレジットカード発行はポイントサイト経由がオススメ!!

ポイントサイト・ポイントインカムでソラチカカード発行のみで7300円分のポイントがもらえる案件が出ています。付与ポイントを東急ルートでANAマイルに交換すると5475ANAマイルに交換する事ができます。

ポイントインカムとは?
ポイントサイトのポイントインカム

会員数300万人いるポイントサイトで登録料、入会金、維持費は一切かからない私が実際に利用していてオススメできるポイントサイトです。10ポイント=1円の計算となります。

マイ友プログラム+ポイントサイト経由発行+JCBキャンペーン+ANAクレジットカードキャンペーン利用で最大81475ANAマイルが獲得可能です!!ゴールドカードは95225ANAマイルとなります。

まとめ

ソラチカカードとソラチカゴールドカードどちらがオススメかというとこれから発行するという意味ではキャンペーン狙いなる方が多いと思いますのでソラチカカードとなります。SFC(スーパーフライヤーズカード)の切り替えできるのか?と思われた方も多いと思いますが現時点ではできません。

ソラチカゴールドカードがオススメの方は東京メトロをメインで利用されている方、年会費半額のインビテーションを受け取った方という形となります!

クレジットカード決済を集める事で最大8万ANAマイルがもらえますのでもし狙いたい方はANA側とJCB側の両方がキャンペーンを今がチャンスですね!

8万ANAマイルあれば片道30万円以上する、東京-ニューヨークのビジネスクラスを発券することもできますからね♪

新しくなった新シートTheroomで快適に空の旅を楽しむことができます。

新シートTheroomについてはこちらをどうぞ♪

最後までお読み頂きありがとうございます!

(。● ∀ ●。)im chuck bass!!

 

【2020年5月最新】ANAマイル年間18万マイルを貯める方法を公開します!ソラチカルート閉鎖なら東急ルート使おう!!

2018年5月15日

 

クリックして頂くと私のモチベーションがぐぅーーーーーーーーーーーーーっと上がりますので1クリックよろしくお願いします!٩(●˙˙●)۶

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA