ANAマイル取得の専門家のANA特典航空券の旅✈️ときどきニューヨークブログ🗽

ANAマイル取得の専門家チャックバスです♪NEW YORKが好き過ぎてANAマイルを貯め始めた結果ブロガーにまでなった私のブログです。目指せニューヨーク観光大使٩(●˙˙●)۶

とうとう来てしまった。ポイントサイトからのソラチカルート閉鎖のお知らせ。

こんばんわ♬チャックバスです♬

 

本日は「改悪」記事でございます。

 

今まで紹介させて頂いた各種ポイントサイトからのソラチカルートが3月31日をもって終了となります。残念ですが現実です。

 

f:id:Chuckbassnewyork:20180110203602p:plain

 

今現在はハピタス等ポイントサイトからの交換率は0.9倍となっていました。

 

仮にハピタスポイントが10000ポイントあった場合、最終マイル数は9000マイルとなっていました。

 

しかし昨日、東京メトロから各種ポイントサイトからの提携が3月31日をもって終了が発表されました。

 

最終交換率は下がりましたがメトロポイントからANAマイルの交換率は変わっていません。

 

ポイントサイトから東京メトロポイントまでの間を他のポイントを経由する事となります。

 

今回奇跡的に改悪を回避したLINEポイントを経由します。

交換率は0.81となります。

 

ソラチカルート比べると目減りしますが仕方ありませんね。

ハピタスポイントが10000ポイントあった場合、最終マイル数は8100マイルとなります。

 

Lineポイント経由とはどのようなものか💡

 

f:id:Chuckbassnewyork:20180110203955j:plain

 

 

 

LINEポイント→東京メトロポイント→ANAマイル

この形となります!

 

ではこのLINEポイントへはどうするか?

 

LINEポイントへの交換は💡

 

Pex→VISA→Gポイント→LINEポイントとなります。

 

ハピタス、ドットマネー、ちょびリッチ、モッピー(moppy)はこの経由となります。

 

ポイントタウンのみ、直接Gポイントへ等価交換ができますのでそのままGポイントへ交換可能です。

 

注意点ですが、Gポイントは交換に手数料がかかります。

しかし、この手数料も月に1度、対象広告を利用すればキャッシュバックで実質無料となります。

Gポイントはもともとエクストリームカードが全盛期の時代に必須でした。

この機会に開設が必須となります。

 

ハピタス10000ポイントからの経由を見てみましょう。

f:id:Chuckbassnewyork:20180110204914p:plain

ハピタス→Pex→三井住友カード→Gポイント→LINEポイントとなります。

だいぶ経由しますが、掛かる日数は10日ほどですのであんまり気にはなりませんね。

 

この交換ルートで0.81となります。

マイルを貯める生活をしている方は交換回数が増える事はあんまり気になりませんが、新規登録者の方は少しハードルが高くなるかもしれませんね。

 

いかがだったでしょうか?

 

ひとまず今すぐやる事は!

ソラチカルート閉鎖が3月31日ですのでそれまで今貯まってるポイントサイトのポイントをメトロポイントを完了させる。(ポイント有効期限切れを考慮して最大40万ポイント)

私も全てのポイントを交換しました。

今後ソラチカルートに変わるANAマイルルートができる事を切実に希望します♬

私はマイル活動をやめるつもりはありません。

ポイントサイトからの交換率が0.5を切らない限りマイルの価値は悪くなりませんからね!

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございます!

今回のブログは以上となります!

(。◕ ∀ ◕。)im chuck bass!!

 

ビジネスクラスのチケット取るとラウンジが利用できます♬
羽田空港国際線ANAラウンジを動画にしましたので参考にどぞ٩(●˙˙●)۶

 

www.youtube.com

 

 とうと