ANAマイル取得の専門家のANA特典航空券の旅✈️ときどきニューヨークブログ🗽

ANAマイル取得の専門家チャックバスです♪NEW YORKが好き過ぎてANAマイルを貯め始めた結果ブロガーにまでなった私のブログです。

そういう事だったのか。ANA特典航空券の空席待ちの真実(個人的意見)

こんばんわチャックバスです♬

 

f:id:Chuckbassnewyork:20171001164905p:plain

 

今回は私自身が経験したANA特典航空券の空席待ちについて書いていこうと思います。

 

マイルを貯めている生活をしていると必要マイル数まで到達が見えてきたら、旅行を計画して発券となりますね。

 

東京(成田)ーホノルル(ハワイ)

 

エコノミークラス40000マイルです。

 

ビジネスクラスは65000マイルです。

 

どちらの今のレギュラーシーズンとなります。

 

この路線は特にこの路線は競争率が凄まじく、特典航空券は355日前から予約が可能となっていますが、すでに1年先まで空席待ちです。(エコノミー、ビジネスクラス共に競争率はすごいです)

 

これはどういうい事かというと、特典航空券は取れません。空席待ちをして空席が出たら順番に案内となります。

 

ちなみにANAでは空席待ちは相当数までできます。

私が実際に経験した人数ですと7人待ちと言われた経験があります。 

 

え?今現地点で7人ですか?聞き直してしまいました。

 

5、6、7何目に順番待ちをした方はどうして空席待ち?と思いました。

実際ネット画面では人数まで表示がされない為、とりあえず入れておこうという感じで入れたのかもわかりません。

 

私はこのブログでも何回か言っておりますが、10月末に親族の結婚式の為、ニューヨークへ行きます。

しかし、8月初旬頃に出席とお手伝いを頼まれた為、その時点から特典航空券を予約を開始しました。

その時点で東京(全ての空港)ーニューヨーク(全ての空港)のビジネスクラスが乗り継ぎ便を含めていっぱいでした。

 

急だった為、諦めてはいたのですが、とりあえずANA東京ーニューヨーク直行便の空席待ちをしました。

 

しかし、空席が空くわけはなくどうしよかな?

 

と思い直行便ではなく乗り継ぎ便を視野に入れていたある日、乗り継ぎ便であるエアーカナダ路線の東京(羽田)ーカナダ(トロント)ーニューヨーク(LGA)のビジネスクラスに空きが出ました。

 

せっかくのマイルですのでビジネスクラスのチャンスと思い、即発券となりました。

これは実際に取れたことは既にみなさんにブログでも紹介している通りです。

 

ここで、不思議な事に最初に空席待ちをしたANA東京ーニューヨーク直行便の空席待ちがキャンセルされずに、そのおまま生き続けているんですね。

 

あれ?エアーカナダでマイルを使い切ったのに何故空席待ちの予約が生きているんだろう?と思ってましたが、時間が解決するから自動キャンセルされると思いそのままにしていました。

 

しかし、いくら経ってもキャンセルされないのでANAデスクに確認をしました。

 

私「あの○月○日に特典航空券でエアーカナダを予約したんですけど?前のANAの予約ががそのままなんですけ?」

 

ANA「はい。その通りです。前の予約自体は消えずにそのままとなります。お客様の方でキャンセルしない限り、そのままとなります。」

 

私「そうなんですか。わかりました。私の方で後でキャンセル手続きします。質問なんですけど、仮にそのままにして空席待ちがずっとできるんですか?エアーカナダを発券しているんですけど?」

 

ANA「はい。現環境システム上できます。推奨はしていませんが、システム上はできてしまいます。」

 

というやりとりで話は終わって終了しました。

 

という事はこれが良い事かマナー違反かはわかりませんが実際はできてしまうのでやっている方はたくさんいるでしょうね。

 

特に乗り継ぎしか空いていないという私のような状況に陥った場合、空席待ちが少ない時間帯の所に予約をして実際は乗り継ぎ便を予約をしてひとまずの現地までの足を確保して、空席待ちの空席が出たら切り替えて乗り継ぎをキャンセルするという事が実際できるみたいです。

 

しかし。ANAの方が言っていましたが、航空会社によっては予約がいわゆるダブルで入ってしまっているので、それが分かった時点で自社の予約を勝手に解約って可能性もあるみたいです。

要はこの手法は個人の責任になるという事ですね。ちなみに私は反対です。

そしてシステム上できてしまうではなく、早急に改善をお願いしたいですね。

 

ニューヨーク行きは乗り継ぎ便にて覚悟を決めていましたが、今回のこの件を体験してもしかしたら私のいく日の空席待ちが7人いるけど、数字だけで予約が確定する1ヶ月前に実際キャンセルになるんじゃいかな?と踏んでいたわけです。

 

なのでANAで希望日の東京ーニューヨークの特典航空券を検索を毎日、暇な時は1日に2回、仕事がある日は夜に1回という感じで、毎日ビジネスクラスの空席を確認をしていました。

 

9/29の夜いつもようにビジネスクラスに空席ないかを確認すると‼︎

 

ビジネスクラスの空席ありの文字が‼︎

 

(。◕ ∀ ◕。)うぉぉぉぉぉぉぉぉ

 

本当に信じられません。

 

電話で聞いた時、空席待ちが7人でした。

 

速攻ANAへ電話して、今のエアーカナダの乗り継ぎの便をキャンセルして。ネットでANAビジネスクラスを予約を確定しました。そして席も翼部分ではない、空の景色が楽しめる所の指定ができました。

 

って事で、次回のニューヨークはANAビジネスクラスの朝一、直行便で行けることとなりました!!

 

(。◕ ∀ ◕。)わぁーーーーーーい

 

乗り継ぎだと滞在時間の関係でできれば避けたかったので本当に嬉しいです‼︎

 

f:id:Chuckbassnewyork:20171001203231p:plain

 

1つ疑問が。。。

何故、空席待ちが7人もいたのに空席有りになったかというと。(個人的意見です)

 

私が10月の空席待ちをして確定するのが9月20日となります。

この日までに行きの便の空席待ちが確保できると、メールがきます。

帰りの便も同様に空席待ちが確保できるとメールがきます。

 

 

これは完全に個人的意見ですが、仮押さえが横行されている現実があると思います。

 

ちなみに片道のみしか空席が確保できなかった場合は、不成立ということで、自動キャンセルとなります。

 

考えてみてください。既に空席待ちをしている人が7人ですよ?

 

7人の方が急に予約を取り消して、なおかつ8人目(もしかしたらもっと後かもしれません)の私がビジネスクラス確保できると思いますか?

もしくわビジネスクラス予約を完了している方が8人取り消し、もしくわANAが急に特典航空券ビジネスクラス枠を急に引き上げ。

 

どれも現実的に考えにくいですよね。

ちなみに私はスーパーフライヤーズ等の上位ステータスを持っていません。

スーパーフライヤーズをステータスを持っていると、空席待ちでもステータスが上位の方が使われ、空席待ちしている方でも先頭か2番目と言った感じでゴボウ抜きとなります。

 

まとめ

 

特典航空券を1ヶ月後、2ヶ月後とか近い日で考える場合に希望日が空席待ちであっても諦めずに、毎日ANAの特典航空券の予約をみて、探しましょう!

 

もしかしたら私の様に急に何故か空席ありとなるかもしれません。

こればっかりはわかりません。出ない可能性も十分ありますのでご了承ください。

 

これは東京ーニューヨーク線に限るだけかもしれません。

 

何故なら、マイルを利用するにあたって、ニューヨーク線はとてもマイルの価値を最大限に引き出す事ができます。1マイルが5円〜となって行きます。

とはいえ、最も激しい路線は東京ーホノルル路線です。

 

この路線で、仮押さえかもと思うのは逆に無謀です。

1番の人気路線ですからね。

確実に事前計画を立てて、希望日付の特典航空券のビジネスクラスを狙って行きましょう!

 

今回のブログは以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございます‼︎

 

 

読者になって頂くと私のモチベーションがぐぅーーーーーーーっと上がりますので登録よろしくお願いします!

 

 


ニューヨーク旅行、番外編!!ナイトクルーズ1時間の紹介(。◕ ∀ ◕。)

 

 

 関連記事

 

chuckbassnewyork.hatenablog.com

 

 

chuckbassnewyork.hatenablog.com